ヒト幹細胞培養液とは

最新美容 ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液とは、幹細胞を培養する際に分泌されるタンパク質成分で、500種類のタンパク質、成長因子(グロスファクター。
体内で作られるたんぱく質の一種で、細胞の活性化に必要なものですが、20歳前後で急激に減少します)やサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)などが含まれています。

細胞の表面にはレセプターと呼ばれる特定の形をした鍵穴があり、この鍵穴に、リガンドと呼ばれる鍵状の物質がピッタリ結合すると、細胞の活性が始まります。
鍵穴にピッタリ合う鍵をささないと、エンジンはかからない、というイメージです。
鍵穴(レセプター)にピッタリ合う鍵(リガンド)となるのが、成長因子(グロスファクター)やサイトカインなどなのです。

 

これまでのスキンケアは、不足した成分(例えばコラーゲンやヒアルロン酸など)を皮膚の上から補う、いわゆる対症療法でした。補っても補っても、老化した細胞からは美肌成分は日々減少するので、いたちごっこの状態です。

ところが、ヒト幹細胞培養液コスメは、老化した細胞自体を、再び若い頃のように活性化させ、肌老化を根本的に食い止めようという発想なのです。
細胞が活性化することによって、真皮では線維芽細胞を増殖・活性化し、丈夫なタンパク質が作り出されます。さらに表皮では表皮幹細胞に表皮細胞を量産させて、正常なターンオーバーへと導き肌を再建するのです。さらに良いことに肌組織の再建に伴い、より肌細胞が活発化していくという副次的な効果もあります。

細胞の老化により、コラーゲンやヒアルロン酸などを自力で作る力は、20代から早くも減り始め、40代ではほぼ自力で作れなくなるといいます。
それを再び、自力で作れる元気な細胞にするのがヒト幹細胞培養液です。

もう40代だから、50代なんだから仕方ない…と諦めないで、是非、ヒト幹細胞培養液の力をお試しください。

タイトルとURLをコピーしました