たるみの原因って、結局のところ何なのか?

美肌の知識

加齢とともに現れるたるみとは

年齢と共に気になってくる「たるみ」についてお話します。

たるみは、カウンセリングの際に、お客様から必ずと言っていいほど挙がるお悩みの一つです。
  • フェイスラインや口周りがなんだか昔と違う…
  • 写真うつりが悪くなった…
  • 疲れてないのに、お疲れ顔になってきた…
など、自覚し始めると、どうしたらいいの?!と、真剣に悩みますよね

まずは、顔がたるんでくる原因を知って、それに合った対処をする事が、たるみ改善の近道です。

たるみは、肌の深い層の老化が原因で起こります。
皮膚は、図のように、表皮層・真皮層と、その更に奥の皮下組織から成っています。そして、弾力のある美肌に欠かせないヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンが作られているのが、真皮層。この、真皮層の老化が、たるみを引き起こしているんです。
この真皮層で、毎日せっせとコラーゲンなどの美肌成分を作ってくれているのが、線維芽細胞。なのですが、この線維芽細胞、加齢と共に、働きがどんどん悪くなってきます。
イメージとしては、
美肌成分工場の老朽化..
です
美肌成分工場=線維芽細胞は、20代半ばから少しずつ老朽化し、40歳ごろにはもう、ほぼ生産停止、工場閉鎖…という状態になるんです。
もう自力でコラーゲンやヒアルロン酸を作れなくなってしまうというわけです。

今までピンと張ったネットのように肌を支えていた真皮層、そしてその更に奥の皮下組織(筋肉や脂肪)が弾力を失った結果が、たるみになるんです

たるみが現れると、顔はどのように変化するか

たるみの出現により、顔の見た目には残念な変化が現れてきます。
ほうれい線が目立ってきた
マリオネットラインが出てきた
毛穴(頰などのたるみ毛穴)が目立ってきた
疲れてる?と聞かれるようになった
太ってないのに顔が大きくなった気がする
写真うつりが悪くなった
…など。
真皮層と皮下組織の衰えが、大きな原因となっているんです。

でも、加齢が原因ならどうしようもないじゃない。

と思われそうですが、原因は加齢だけではないんですそして、線維芽細胞や皮下組織の老化は、決して打つ手なし、でもありません
早川
早川

安心してください!

次回は、たるみを引き起こす、加齢以外のたるみの要因と、さらに、日々進行するたるみとどのように闘ったら良いのかについて、書いていきます。
LINE@登録していただくと、LINEトーク形式で、質問・ご予約などしていただけます。 お得なクーポンやキャンペーン情報も配信中です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました