今回は、食べ物と肌に関する豆知識をご紹介します。

グレープフルーツ、オレンジ、キウイフルーツ…..。

ビタミンCが豊富で、肌に良い食べ物の代表格、といったイメージが強い食材です。

朝食に摂る、という人も多いと思います。

ところが、実はこれらを朝食べると、かえって肌には悪影響となってしまう事をご存じでしょうか?

その理由は、グレープフルーツなどに含まれるソラレンという成分にあります。

ソラレンは、光毒性物質。

光を浴びると活性化し、肌にダメージを与えます。

具体的には、

  • 紫外線吸収を高める。
  • 紫外線に対するバリア機能を弱める

というもの。

ソラレンは、摂取後2時間ほどで働きがピークとなり、その後7時間ほど続くとの事。

例えば、朝7時に食べたら、だいたい午後2時ごろまでは、その悪影響が続いてしまいます。

せっかく紫外線対策をしていても、体内が紫外線吸収をしやすい環境になっていては、もったいないですよね。

 

ソラレンを含む食材は他にもあり、代表的なものは、

  • レモンやライムなどの柑橘類
  • きゅうり
  • セロリ
  • 人参
  • 蕎麦

など。

これらの食材は、例えばビタミンCなど、体や肌にとって良い要素もたくさんある優秀な食材なので、夕方以降に積極的に摂るようにするのがおすすめです。

スキンケアだけでなく、正しい知識を持って、トータルで肌を大切にしていきたいものです。

名古屋市中区 東別院 プライベートエステサロン M s’appuyer